FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝PC Satellite B551でOSX High Sierraを・・・

先日、東芝製のDynabook Satellite B551というノート型のWindows PCにApple Computer社の
最新OSであるHigh Sierraをインストールしてなんとか動作しましたと紹介しました。

いろいろ操作をしてみましたがApp Store(GoogleのPLAYストアと同じようなものです)からの
ダウンロードやiCloudもちゃんと使えることが分かりました。

ただVirtualbox上のMACではオーディオ系はサポートされていないようで音は出ませんが
これはHost OSのLinux上でplayすればいいので特に問題はありません。

またPCのメモリーの4GBから8GBに増やすことで実用上困らない程度のパフォーマンスもでました。
残念ながらWindowsほどは無料ソフトが充実しておらずまともに性能測定ができるアプリは見つかりませんでした。

残っていた最大の問題点はMACのwindowサイズが1024x768 pixelの固定サイズ表示になっていて
液晶画面いっぱいのフル画面表示(1366x768 pixel)が出来ないということでした。(下図参照)




VirtualBoxのマニュアルをじっくり読んでみると前回も設定に使ったVBoxManageコマンドを使って
設定すれば画面解像度を変更できることが分かりました。

早速HOST OSのChaletOSでコンソールを開いて次のコマンドを入力しました。
VBoxManage setextradata "HighSierra" VBoxInternal2/EfiGraphicsResolution 1366x768

再起動してMACを立ち上げてみると・・・相変わらず1024x768のままでした。

そこでインターネットで調べてみると
VBoxManage setextradata "VM name" VBoxInternal2/EfiHorizontalResolution H
VBoxManage setextradata "VM name" VBoxInternal2/EfiVerticalResolution V
という水平と垂直の解像度を別々に設定するコマンドを使うとうまくいくことが
ドイツのエンジニアのブログに記載されていました。

早速Hに1366を、Vに768を入れてコマンドを打ち再起動すると・・・
システムプレファレンスのディスプレイ設定で確認すると設定どおり1366 x 768に変わっていました。




VirtualBoxにフルスクリーン表示をするよう右Ctrl+Fキーを打って指示すると
見事フルスクリーンモードになりました。




プリントスクリーン(PrtSc)機能も本物のMACとは押すキーは違いますが
同等の機能がちゃんと動いています。




MAC BOOK ProやMAC BOOK Airはなかなかいい値段ですし
これ以上パソコンが増えても手に余ってしまいますので購入はできません。

いまあるノートPCにLINUX Windows10に加えてMAC OSが動作することで
より有効にPCを使えると思います。

スポンサーサイト

明治の芝居小屋、国重要文化財の康楽館で常打芝居を観る

前回に続き秋田県鹿角市近辺、お隣りの小坂町に100年以上も前に立てられた芝居小屋を訪れました。

この町は長州出身の藤田財閥の祖が明治政府から払い下げを受けた小坂鉱山を
銀・銅の産出高では日本有数の鉱山に成長させた小坂鉱山の本拠地なのだそうです。

この芝居小屋は1910年(明治43)に鉱山で働く従業員の娯楽施設として建てられた国指定の重要文化財です。




小屋内部の見学コースも設けられており江戸時代そのままにすべて人力で回したり上下させる回り舞台などの装置、
この回り舞台は半地下式で周りに築かれた石積み、回る仕組みもほぼ100年前のまま、4人がかりの仕事とのこと。




役者さんが使う楽屋は大部屋と主演級が使う二階の個室に分かれています。
こちらは一階の大部屋で板壁にはたくさんの落書き、とはいっても文化財指定前に書かれた
平幹二朗や武田鉄矢、水戸黄門、助さん格さんなど著名な役者さんのサインが・・・。
現在は国の重要文化財なので新たにサインを書くことはもちろん消すこともご法度なのだとか。





中は畳敷きなので入り口の下足棚に靴を置いて内木戸から入ります。
前方の舞台に向かって少しだけ傾斜が設けられています。
今回は舞台の真ん前、赤い座布団が並んで2つだけ緑の座布団が私達の予約席です。




飲食物持ち込み自由だそうですが、小屋の中には売店もあってそばやうどんも食べられます。
娯楽の少なかった頃、お弁当やお菓子をたくさん持ち込んで楽しんだ名残りかもしれませんね。

私達もお茶やお菓子を食べながら開演を待っています。




常打芝居とパンフレットにありますが厳寒の積雪期を除いて
年中芝居が掛かっているということですが、地方の小屋では珍しいのだそうです。

さて、本日の出し物は飛雄馬主演の渡世人の時代劇
大衆演劇というのは地方に住んでいるとなかなか接する機会はありませんが
大変興味深く楽しむことができました。

(マウスをのせると画像が換わります)


渡道を挟んだ最前列に木戸口でいつもの席をと言っていたお姉さんが座りました。
芝居が始まるとカッコいい掛け声、熱烈な拍手や声援を送っていて
ふと樹木希林が役者を追っかける芸者役を演じたNHKのドラマ「夢千代日記」を思い出しました。

木戸口に置かれた花束はきっとこんな熱心な観客が用意するのでしょうね。
お昼も近いので幕間にいただく仕出しのお弁当も届いたようです。


縄文遺跡 大湯環状列石を見学

週末に女あるじとお隣り秋田県鹿角市まで行ってきました。
我が家からは国道282号線で2時間半、途中あちこち寄り道をして一泊二日の旅でした。

最初の目的地は東北北部に多い縄文遺跡の一つ、大湯環状列石です。
4,000年前に作られたと言われている遺跡で、前から一度は来てみたい場所でした。

広い駐車場に車を停め案内図に従って進み始めると、こんな看板が・・・。
園内に出没するクマ対策で開園時間や見学エリアに制限がありますというお知らせです。





遊歩道の外側にはクマ除けの電撃柵が張り巡らされ、
ところどころルートがショートカットされて立入禁止エリアもありました。

立ち入りエリアに制限はあるもののガラスケースの展示とは違い
近寄って見ないと分からないわけではありませんので特に気にもなりません。





とても広々としたところで、列石のそばに掘立て柱の構築物がいくつも再現されています。

とにかく人が少なく静かにのんびりと見学することができました。




列石は二重に並べられ2つある大きな環状列石の直径は40mほどの大きさです。





二重の列石の間や外側にも小さな日時計型や長方形の組石もみえました。
小さな組石はそれぞれ40個以上あるのだそうです。




コース脇ではガマズミでしょうか、秋にはまだ早いのですが赤い実をつけていました。




夏は涼し気な竹すだれ屏風で涼を・・・・

全国的に今年は暑い日が続いていますが当地盛岡も例外ではありません。
とは言っても北国のことですので、今年はまだ真夏日は7/31の1日のみ、
熱帯夜は幸いなことにまだ0です。

職場そばの行きつけのお店を覗くと古風な竹すだれの屏風がありました。

最近はすだれ屏風もネット等で売られていますがほとんど中国製、
値段も安いが品質はどんなものなのでしょうね。

高さ120センチ、一枚が幅45センチほど、竹ひごを木綿糸で丁寧に固定してあり
重さもごく軽くできています。
懐かしくもあり造りも良いので早速買うことにしました。




実はこの屏風、下側の横板が一つだけありません。
でもこれは薄い板を買ってきて同じような模様を
糸ノコを使って加工すれば直りますし、
板がなくてもそれほど気にもならないでしょう。

お店の人は壊れているから半額でいいですよ、というのも購入理由の一つでした。





もう一つ不具合があって左端の一枚だけ横木がほぞから抜けて分解しそうになっていました。
竹すだれも外れかかっていましたが、ほぞは接着剤をつけてはめ込めば簡単に直ります。

なくなった横板は横木がほぞから抜けた際にどこかに行ってしまったのでしょう。




何日がしてまたお店を覗くと、店内を掃除をしたら屏風の部品らしい板がでてきたと
取っておいてくれた部品を手渡してくれました。
手にとって見るととても軽く、全体を軽く仕上げる為桐の板を使ったのでしょう。





いずれ横板を作ってはめ込もうと横木のほぞは接着していませんでしたので
横木を一旦ほぞから抜いて受け取った横板を元通りにはめ込みました。
再度ほぞが抜けて横板を紛失しないようほぞを接着すれば完成です。


ノートPCでHigh Sierraを走らせてみよう



日常のネットへのアクセスやブログなどは女あるじともどもiMACを使っています。

また以前使っていたDynabook Satellite K45やB551,Lenovo G50などの古いPCも
Windows10やLinuxをインストールして随時活用しています。

今回はこの東芝製Dynabook Satellite B551で
MACの最新OSであるHigh Sierraを動かすことに挑戦してみます。
参考までにCPUはCore i5-2520M(2.5GHz) メモリーは4GBという仕様です。

インストールして動作させるまでこまごまとした設定や操作が必要なので
備忘録も兼ねて記しておきます。
ただ以下の手順は実機の設定が完了した後に思い出しながら書いた内容ですので
間違いや手順が前後している可能性もありますのでご了承下さい。


このノートPCにはWindows10の他にChaletOSというLinuxもインストールしてあり
通常はChaletOSを使用しています。


もちろんPCにそのままHigh Sierraをインストールという訳にはいかず
MAC OSの土台としてまずLInux用のVirtualBoxというソフトウェアをインストールします。

次にVirtualBoxを起動させVirtualBoxの中でMAC OSをインストールして動作させるという手順を踏みます。

出来上がりはエクセルやワードと同じようにPCの画面上で一つのウインドウの中でMAC OSが動いている、
といえばわかりやすいと思います。

必要なソフトウェアはVirtualBoxとMAC OSのインストールファイルであるHighSierra.isoですが
これらのダウンロードやインストール方法の詳細はいろいろなサイトで詳しく解説されていますので省略します。

VirtualBoxのインストールを終えたら早速起動して仮想マシンの作成を行いますが
仮想マシンには2CPU、メモリーは2GBを割り当てました。

次に仮想マシンが起動した際にOSインストーラーが正しく読み込まれるよう
HighSierra.isoの場所を指定します。
このやり方がなかなか分からず苦労した点のひとつです。




OSインストーラーファイルの場所を指定するには”ストレージ”設定で
ストレージデバイスBOXのコントラーラーSATAの左にあるCDのアイコンをクリック、
開いた”VirtualBox質問ウィンドウ”内の”ディスクを選択”ボタンを押します。




すると"仮想光学ディスクファイルを選択してください"ウィンドウが開くので
OSインストーラーのHighSierra.isoが置いてあるディレクトリを辿ってファイルを指定します。



以上の操作で仮想マシンの設定は完了です。

次はappleのOSインストーラーに先ほど設定した仮想マシンが本物のiMACであると認識させるため
仮想マシンのパラメーターを設定します。




コンソールを開いてvboxmanageコマンドを用いて設定すますが
管理者権限は不要でユーザー権限で6つのパラメーターを入力します。
今回のインストール環境では自動的にvboxmanageコマンドが
パスの通っている/usr/bin/にインストールされました。
VBoxManage modifyvm "HighSierra" --cpuidset 00000001 000106e5 00100800 0098e3fd bfebfbff

VBoxManage setextradata "HighSierra" "VBoxInternal/Devices/efi/0/Config/DmiSystemProduct" "iMac11,3"

VBoxManage setextradata "HighSierra" "VBoxInternal/Devices/efi/0/Config/DmiSystemVersion" "1.0"

VBoxManage setextradata "HighSierra" "VBoxInternal/Devices/efi/0/Config/DmiBoardProduct" "Iloveapple"

VBoxManage setextradata "HighSierra" "VBoxInternal/Devices/smc/0/Config/DeviceKey" "ourhardworkbythesewordsguardedpleasedontsteal(c)AppleComputerInc"

VBoxManage setextradata "HighSierra" "VBoxInternal/Devices/smc/0/Config/GetKeyFromRealSMC" 1


いよいよVirtualBoxの起動ボタンをクリックして先ほど設定したHighSierra仮想マシンを起動します。
すると画面上にこのような膨大な量のエラーメッセージやらステータス情報などが何分にもわたって
表示されます。





ここまでくればほぼ順調にiMACと認識され動作していることが確認でき、
しばらくするとお馴染みの言語設定画面が表示されますので日本語を設定します。




まだHigh Sierraをインストールするハードディスクを指定していませんので
表示されたMAC OSユーティリティ画面からディスクユーティリティを選択します。
ここで先ほどの仮想マシンで作ったHighSierraディスクをして
Mac OS拡張(ジャーナリング)形式、GUIDパーティションマップでディスクをフォーマットします。





ここまで完了したらまたMAC OSユーティリティにもどりMAC OSインストールをクリックすると
インストールが開始されます。





一通りインストールが終わるとリブートがかかり、本物のiMACでは再起動後
設定画面が表示されますが、今回のケースではまた最初からやり直しの画面に戻ってしまいました。

そのため一旦MAC OSインストーラーとVirtualBoxを終了させ、
仮想マシン作成時に設定した仮想CDのHighSierra.iso設定を削除することで
HighSierraインストーラーから繰り返しの起動はしなくなります。

次は先程インストールされたHigh Sierraのインストールを続行させるため
インストールされたディスクを指定して処理を続行するための操作を以下に示します。

VirtualBoxでHighSierraを起動した直後にF12キーを何度か押すとコンソールが表示されます。
プロンプトからexitを入力すると下のようなブートメニューが表示されます。




最初はメニューからBoot Maintenance Managerを選びます。
次にBoot from Fileを指定するとディスクのリストが表示されますので
2台目のディスク...HD(2,GPT)...を選びます。
以下、順に
macOS Install Data
Locked Files
Boot Files
boot.efi
と選んでいくとbootが始まり真っ黒な画面にたくさんのbootメッセージが上へ流れていきます。
やがてタイムゾーンの設定やicloudの設定などの画面が現れ設定が完了すると
めでたくお馴染みのHigh Sierraの画面が現れ、正常に起動したことがわかります。



Apple Storeからは様々なアプリケーションがダウンロードできますし
正規のiMACとして認識されているようです。

今回用いたSatellite B551の画面サイズは1366x768ですが
起動したHigh Sierraの画面サイズは1024x768でした。
フルスクリーンになるよう画面サイズを変更しようとしましたができないようです。

さて、動作させてみた感想ですが、本物のiMACに比べると
全く使えないほどひどくはありませんがモッサリした感じです。
特に起動直後でバックでたくさんのプロセスが動作している時は
反応が今ひとつでした。

今回のGuest OSであるHIghSierraのメモリサイズは2GB、
VirtualBoxが動作しているHost OSのChaletOSも2GBという環境ですので
メモリ16GB搭載の本物のiMACと比較するのは可哀想な気はしますが・・・。

そのうちメモリーを増設してベンチマークテストもしてみたいと思います。
また、画面サイズを1366x768のフルスクリーンモードへの設定にも挑戦してみたいと思います。

なお、今回のインストール作業では下記のサイトを参考にさせていただいました。ありがとうございました。
https://tobiwashere.de/2017/10/virtualbox-how-to-create-a-macos-high-sierra-vm-to-run-on-a-mac-host-system/
http://watabetskm.wp.xdomain.jp/iphone/macos%E3%82%92virtualbox%E3%81%AB%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B/

この続きはこちらです。
Translation
English
♥. ♠. ♣Alice
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
プロフィール

kaz

Author:kaz
間もなく定年退職を迎える埼玉在住のサラリーマン→2011年9月で定年になりました。
どこに行っても人だらけの都会から雪の降る故郷が恋しくなるのは年のせいか→'11年10月にやっと盛岡に戻ることができました。
古い柱時計、真空管ラジオの修理をしながら洋蘭を育てるのが趣味。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。