FC2ブログ

昼休みの散歩

久しぶりに昼休みに盛岡市内を流れる中津川の辺りを歩いてみましたが
日中の気温はプラス1度ほど、手袋をしていないと手がかじかんでしまう寒さでした。

例年であれば河原一面雪に覆われて真っ白なはずですが
この冬は例年に無く雪が少ないので枯れ草がとても目立ちます。





河原がこんなふうですから車の往来の激しい道路では全く雪が見られません。
これなら自転車で走り回っても大丈夫でしょう。
滑って転ぶこともないので、歩行者にとってはとてもありがたい冬です。





道路沿いのお店では歩道上に出した台でりんごのバラ売りをしていました。
安いですねえ、一つ30円也!





同じお店ですが袋入りのりんごも並んでいます。
ひと袋に6、7個入っていそうですがこちらは250円、
30円のりんごとは種類が違うのかもしれません。



こちらの人にとってはりんごは珍しいものではないので
売れ行きはどうなのでしょうか、気になるところです。
スポンサーサイト

アンティークなコーナーラックを見つけました

昼休みのよく覗いているリサイクルショップで
味のある古そうなコーナーラックが2つ並んでいました。

今日入ったばかりの飾り棚ですよ、
支柱ををほぞ穴に差し込む構造でネジなどは一切使ってないので
お持ち帰りは車でもできますよとのことでした。

右側のキャビネット付きのラックが欲しかったのですが
残念ながらポールの差し込みホゾ部分が折れていてグラグラしていますし
小さなパーツもいくつか無かったりで諦めました。

結局左側のシンプルなラックの方をいただくことにしました。





店番はおばさんだけなので大変だろうと思い、短い昼休みでしたがなんとか自分で分解しました。
ケヤキかニレのようですが硬い材なので、柱や特に棚板はかなりの重さがあります。

用意してくれた箱へ部材を入れ、夕方私の仕事が終わるまでお店で預かってもらい
車に積んで帰りました。






自宅へ持って帰り組み立てましたが高さは145センチほどで
ソファの脇にピタリと収まりました。





4段の棚は上にいくほど小さくなっています。





きれいな木目の棚板はそれなりに使い込まれていますので
新品のケバケバしさも無く、良い買い物ができたと思います。



女あるじからは新たにものが一点家に来たら、
代わりになにか捨ててもらいます!と言われていますので
どれを処分しようか思案中です。

カゴを探しに荒物屋 茣蓙九(ござく)へ・・・

南部藩時代の盛岡のメインストリート、奥州街道沿いの荒物屋の茣蓙九へ久しぶりに行きました。

この通りは紺屋町と呼ばれますが、街道に沿って店の裏を流れる中津川で染め物を晒すため
通り沿いに染物屋が多かったことに由来します。いまでも何軒かの染物屋が残っています。

街道に接する間口25メートルほどの細長い店は江戸から明治期に何度も増築され、
当時は燈芯やわら製品を商っていたようです。

この時期になって道路に雪がないのは当地ではとても珍しいことで
歩くには助かりますがとても2月の景色とは思えません。





店内には昔懐かしいほうき草を使った本物のほうきがぶら下がっています。




大小いろいろな形のザルやカゴ、シュロのたわしに花ゴザ、
あけびや山葡萄のつるで編んだ手提げカゴなどが並んでいます。





取っ手や脚のあるもの、無いもの、大きさも形もさまざま、
たくさんある中から手頃なカゴを物色中です。





取っ手と脚付きの差し渡し30センチ弱のカゴを選びました。
底もしっかり補強されています。
(マウスをのせると画像が換わります)



読みかけの本や財布などをちょっと入れて手元に置くんだと、
こんなふうに使っています。


久々のオークション Apple純正ワイヤレスマウス A1197

先週ふとヤフーオークションを覗いてみると
Apple純正のBluetoothワイヤレスマウスが
100円で出品されているのを目にしました。

正式な型番はApple Wireless Mighty Mouse A1197、
現在販売している最新の無線マウスではありませんが
Apple Storeでは8,600円で売られていた高級品です。






以前からapple純正のマウスをもう一つ欲しいなあと思っていましたので
これは安い!と思い出品者の説明文を読んでみると
クリックはできるがカソールは動かない
ジャンク品(ガラクタという意味です)なので
部品取り用にいかが、という代物でした。

マウスは使われている電子部品の数が少ないし
熱や電気的なストレスもほとんどかかりません。

したがって電子部品が壊れることは少なく
機構部分の不具合が不調の原因である可能性が高いと思われました。

修理不能なら100円なので諦めつくだろうと入札しましたが
故障したマウスですので入札者は私一人だけ、競り合うこともなく100円で落札。

送料込みで400円にも満たない金額で入手することができました。





品物が届いたので包みを開けてみると
傷も汚れも殆ど無い立派な外観です。

裏蓋を開けて電池ホルダーやスイッチ周りを
見ましたが電池の漏液跡など特に不具合は見当たりません。

単3電池を2本入れてスイッチをONにして
iMACのBluetooth設定画面から無事マウスを接続できましたが
マウスを動かしてもカソールはピクリとも動きません。

上部にあるトラックボールを押下すると認識されるので
クリックは正常に動いており、説明文通りの症状です。

(マウスをのせると画像が換わります)


同じトラックボール機構を使っているUSBマウスA1152やこのマウスは
時々トラックボール周辺をクリーニングしないとスクロールができなくなります。

マウスを裏返しにしてマイクロファイバー布(メガネの油脂取りなどに使う布)の上で
トラックボールを前後左右や円を描くように1分ほどコロコロ転がしてクリーニング終了。

これで上下左右360度のスクロール機能が復活しました。

しかしまだカソールは全く動きません。

光学マウスであれば受発光部が光りますが
このマウスは非可視光のレーザービームマウスなので
レーザー素子の良否は目視では判断できません。




スクロールやクリックが機能しているので
内部の心臓部や無線通信系は問題ないようです。

不具合の原因として考えられるのは
重症の場合はレーザー素子の不良でしょうが
これは部品の故障率からみて稀でしょう。

一般に確率が高いのはコネクターや
接点周りの接触不良やメカニカルな部分ですが
これは上下のケースが接着してあるケースを無理やり
カッターで剥がして内部を見ないと分かりません。

今使っているUSBマウスは以前
ケースを開けましたが結構手間がかかりました。

症状からは素子不良、接触不良がのどちらも疑われますが
ケースを剥がす前にマウス本体を手のひらに7〜8回
かなり強く打ちあてました。

すると、目論見どおり見事にカソールが正常に動き出し
マウスの環境設定画面にはマウスの電池の消耗状態も表示されました。



不具合の原因は内部の接触不良またはレーザー受発光部に
ゴミなどが付着して反射ビームを検知できなかったなど
単純な理由が原因だろうと思います。

我が家にあるもう一台のiMAC、女あるじが使っている方には
Windows用のUSBマウスがついているので
今回復活した純正品のBluetoothマウスを使ってもらおうと思います。

レリア アンセプスが咲きました(Laelia anceps)

今頃になると花を見せてくれるレリア・アンセプスが
今年も30センチほどの長い花茎の先に一輪だけ花をつけました。

この株は付き合い始めてから14年目になります。

つぼみが膨らみ始めると多量の甘い蜜がつぼみの基部から分泌されてまとわりつき
屋内栽培ではやがて固まってしまい開花できなくなってしまいます。

今年は毎日霧吹きで蜜を洗い流すようにたっぷりと吹きかけることで
例年になく順調に開花にこぎつけました。






カトレヤと同様に原産地はメキシコ・中米からブラジルにかけて
標高500〜1,500m近辺の高地で樹木の表面や岩に着生しているようです。

我が家にあるLaelia ancepsは数株ありますが
どれも一つの株から分けたものですのでみんな全く同じ花が咲きます。




清楚な印象の花ですが
できれば一花茎に二輪、三輪と咲かせてみたいものです。
ネットで他の栽培家のレリアの写真を見るにつけ
我が家ではいつも一輪だけ、この辺が栽培技術の差なのかもしれません。
Translation
English
♥. ♠. ♣Alice
ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
プロフィール

kaz

Author:kaz
間もなく定年退職を迎える埼玉在住のサラリーマン→2011年9月で定年になりました。
どこに行っても人だらけの都会から雪の降る故郷が恋しくなるのは年のせいか→'11年10月にやっと盛岡に戻ることができました。
古い柱時計、真空管ラジオの修理をしながら洋蘭を育てるのが趣味。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック